イオンの本屋さん

イオン幸町店に来ています。

スチームクリーナーが欲しくてダイシンに来てみましたが、ビビビッてくるのがなかったから。

ビビビッて松田聖子が言った言葉で、一昔前の流行り言葉ですが僕は気に入って使っています。

だって本能的に感じるもの、衝撃的な感覚を表現するスピード感のある言葉を他に知らないんだもん。

それに認知度もあるし、彼女のキャラクター的な風味も加味されて理屈じゃなく頭じゃなく(オツムが云々ではなくて)直感を表現するいい響きですよ。

プププでは駄目だし、ババパでも、ちょっとねぇ。。

他にあったら教えてね〜


あ、さてイオンの本屋さん。

いい感じの本屋さんです。

背表紙で並べられた本より、第一表紙で置かれている本が多いような気がします。

家賃が安くて伸びやかに置けるからなのか、本が少なくて置くスペースに余裕があるのか。

なんか、どこか違う気がする。なんだろう。
丸善とかあゆみブックスなんかとどこか違う。

イラストやデザインが目に入る第一表紙がこちらを向いているほうが、背表紙より購買意欲が増すのは当然だけど…

沢山本を買いたくなる、この本面白そう、あの本も、と。

仕事や勉強で使う参考本を揃えるなら大きな本屋がいいでしょう。

でもなにか本を読みたいとぶらり行くのなら大型書店より、小さくて第一表紙を向けてる本屋さん、そしてセレクトして本を置いてるこだわりがあるといいですよね。

それとも郊外の本屋さん、ショッピングモールの本屋さん大体がそうなのかな。

仙台駅周辺しか知らない僕には面白かった。

「ビビビ」をたくさん感じたよ。

ポイントがつくともっと嬉しいんだけどな(;^ω^)



追伸

自己啓発本などは背表紙が見えるように片付けるより、第一表紙が見えるように本棚に置いたほうがいいそうです。

広告を非表示にする
Gweblog - ゲイウェブログ -