あまちゃんが 終わる頃には 大阪に

三陸に帰りたいという思いを誰にも言えずに悩むアキ。

そんなアキに、水口が歌番組の企画を持ち込む。

番組でGMTメンバーとともに「地元に帰ろう」を歌い終えたアキは故郷に帰る決意を固める。



アキ(能年玲奈)は、春子(小泉今日子)に「北三陸に帰りたい」と宣言する。

春子は、中途半端に仕事を投げ出すべきでないと諭すが、アキの決意は固い。

春子と正宗(尾美としのり)は、東京に残って仕事を続けるべきだと、逆に提案する。

震災から3か月後。

アキは、1年半ぶりに北三陸に帰った。

駅を出て町へ降り立つと、地震津波の傷跡は生々しく

風景は一変していた。

しかし、出迎えてくれた町の人々は

たくましく、前向きに日々を生きていた。




三陸に帰ってきたアキは、「海女カフェ」が

津波で壊滅的な被害を受けたことを知る。

思い出の詰まった場所の惨状にショックを受けるが、

海女カフェの再建こそが、自分のやるべきことだと確信する。






三陸観光協会で、久々に首脳会議が開かれた。

津波による被害で、北鉄は廃線の危機に

袖が浜でもウニが壊滅的な打撃を受けていた。

だが、町は一丸となって復興の道を探り始める。

そんな中、アキは「潮騒のメモリーズ」の再結成を夢見ていた。



町を歩いてまわったアキは震災の被害の大きさに息をのむ。

それでも潜り続ける海女たち。

その笑顔に隠された心の傷に思いを重ねたアキは

浜辺に放置されている漁網を見つけ、それで復興ミサンガを作ることを思いつく。

復興ミサンガに込めた思いを聞かされたヒロシは、思わず…… !?

広告を非表示にする
Gweblog - ゲイウェブログ -