フェルメール展

宮城県美術館では「フェルメールからのラブレター」と題してフェルメール作品の「手紙を書く女」と「手紙を書く女と召し使い」と「手紙を読む青衣の女」の三点。

他にピーテル・デ・ホーホ、ヘラルト・テル・ボルフなど計27人の作品、世界の18の美術館、機関、個人から出品される約40点が展示されています。


僕がかねてから見たかった「手紙を読む青衣の女」はこの度、修復がなされ世界初公開となっています。

フェルメールの印象的な青が鮮やかに蘇っています。

12月12日までの公開です。


入口には「手紙を書く女」


当然、本物の絵は撮影不可なので購入した絵葉書で我慢してね。

「手紙を読む青衣の女」

広告を非表示にする
Gweblog - ゲイウェブログ -